日本ハム・斎藤佑樹 第2先発評価で現状維持更改 ハンカチ王子時代回顧「ブームを起こせるような活躍を」

[ 2019年12月3日 05:30 ]

質疑応答に答える斎藤佑(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 2年連続未勝利に終わった日本ハム・斎藤は、現状維持の年俸1600万円で更改。今季は11試合で0勝2敗もショートスターターの第2先発を務めたことも評価され「(戦術に)フィットする形で使ってもらえてチャンスは増えた」と振り返った。

 06年の「ハンカチ王子」、10年の「もってる」で2度流行語に選ばれている右腕は、早実3年夏に田中(現ヤンキース)を擁する駒大苫小牧との決勝再試合を制して甲子園制覇した活躍に触れ「あの頃に近づけるような、ブームを起こせるような活躍をしたい」と力を込めた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月3日のニュース