西武・熊代“お面査定”!?200万円増 ムードメーカー評価「しゃべる方より野球も頑張る」

[ 2019年12月3日 05:30 ]

試合前、オードリーの春日俊彰のお面をかぶって声を出す熊代(中央)(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武の熊代は200万円増の年俸1200万円で更改した。今季は一度も抹消されることなく33試合に出場し、3年ぶりの安打を含む4安打を放った。昨年の契約更改交渉では無安打ながら現状維持の提示を一時保留したことを振り返り「後悔していた。その分、チームのために何が何でも貢献しようと思った」と打ち明けた。

 ソフトバンクとの天王山となった9月11日の試合前の円陣では、辻監督のお面をかぶって仲間を鼓舞するなど、ムードメーカーとしても評価され200万円増をゲット。「しゃべる方より野球を頑張らないといけないが、ムードメーカーとしても頑張りたい」と意気込んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月3日のニュース