楽天 松井 牧田流でテンポアップ!!「コツを聞いてみたいですね」

[ 2019年12月3日 05:30 ]

楽天・松井
Photo By 共同

 今季38セーブを挙げ、最多セーブのタイトルを獲得した楽天・松井が、加入が決まった前パドレス・牧田から投球の極意を学ぶ。

 経験豊富なサブマリンとは、15年3月の侍ジャパンの強化試合でチームメートになったことがある。牧田の入団が決まった直後に、SNSで「よろしくお願いします」と連絡したそうで、「いろいろなポジションを経験されている。アメリカの野球に興味があるし、一緒にいるだけで勉強になると思う」と、語った。

 西武時代に先発、中継ぎ、抑えの全てを務めた牧田は、テンポの良い投球が特徴。16年から2年連続でスピードアップ賞も受賞している。「僕はテンポが悪いのが課題。改善したいところではあるので、コツを聞いてみたいですね」と松井。相手の間合いにさせない投球術を吸収することで、さらなるレベルアップを目指す。 (重光 晋太郎)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月3日のニュース