中日・祖父江 契約更改で今季チーム初の保留、会見場に姿見せず「気持ちを整理できなかった」

[ 2019年11月12日 12:06 ]

中日・祖父江
Photo By スポニチ

 中日の祖父江大輔投手(32)が12日、ナゴヤ球場で契約更改交渉に臨み、約1時間の話し合いの末、サインをしなかった。今季、チーム初の保留となった。

 会見場に姿を見せず、球団を通じ「自分の中で気持ちを整理できなかった。一度、持ち帰って気持ちの整理をしようと思い、保留させていただきました」とコメント。

 祖父江は6年目の今季、44試合に登板し、防御率3・11と救援投手としてブルペンを支えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月12日のニュース