中日・梅津 300万円増の年俸1500万円でサイン「期待を自覚して1年投げきりたい」

[ 2019年11月12日 16:16 ]

デビューから3連勝を飾った梅津は300万円増で更改
Photo By スポニチ

 中日の梅津晃大投手(23)が12日、ナゴヤ球場で契約更改交渉に臨み、300万円増の年俸1500万円でサインした。

 1年目の今季は1月の新人合同自主トレ中に「右肩インピンジメント症候群」と診断されキャンプから2軍生活が続いた。

 それでもリハビリを乗り越え、8月12日の阪神戦でプロ初登板初勝利を挙げると、球団では近藤真一(現スカウト)以来となるデビューから無傷の3連勝を飾った。

 最終的には6試合に先発し4勝1敗、防御率2・34をマーク。「けがから始まり、後半戦はしっかり活躍して最後まで投げたかった。前半に立てた目標は達成できた」と振り返った。

 2年目の来季に向けて「期待を自覚して1年投げきりたい。自分を信じてやりたい。2桁勝ちたいです」と具体的な数字を挙げ、決意を固めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月12日のニュース