豪州先発ルジッチ奮闘 1メートル95&110キロの右サイドスローに日本打線も苦戦

[ 2019年11月12日 05:30 ]

第2回WBSCプレミア12スーパーラウンド第1戦   日本3―2オーストラリア ( 2019年11月11日    ZOZOマリン )

<日本・オーストラリア>オーストラリア先発のルジッチ(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 逆転負けで通算2敗となったオーストラリアのデービッド・ニルソン監督は「序盤はいい形で入れて投手陣もいい投球をしてくれた」と振り返った。

 先発ルジッチは4回1失点。1メートル95、チーム最重量110キロの巨体からインステップしながら右横手から投げ込んだ。唯一の失点となった鈴木への一発については「バランスを崩そうとしたが(鈴木は)ボールをよく見えていた。やるべきことをやられてしまった」と悔しがった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月12日のニュース