中日・三ツ俣 200万円増の年俸800万円 今季は1軍で21試合に出場

[ 2019年11月12日 17:44 ]

年俸アップに笑みを浮かべる中日の三ツ俣
Photo By スポニチ

 中日の三ツ俣大樹内野手(27)が12日、ナゴヤ球場で契約更改交渉に臨み、200万円増の年俸800万円でサインした。

 昨季は1度も1軍出場がなかったが、今季は守備固めなどスーパーサブとして21試合に出場。「1軍に入れたことが大きかった」とうなずいた。

 一方で「代打の機会も多くいただいたが、結果を出せなかった」と27打数3安打、打率・111に終わった打撃を反省。「バッティングの向上が必要」と課題を挙げた。

 「チームのために何をすべきかと考えたとき、1軍メンバーのピースにはまるにはバントや小技、守備」と自身に求められている物を理解している。

 その上で「今年は(堂上)直倫さんの姿を見て勉強した。1番そういう経験をしているので、1軍にいた時は直倫さんにいろいろ聞いた」と先輩の存在に感謝した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月12日のニュース