侍J・岸 3番手で「緊張」も2回無失点 終盤逆転劇につなげた

[ 2019年11月12日 05:30 ]

第2回WBSCプレミア12スーパーラウンド第1戦   日本3―2オーストラリア ( 2019年11月11日    ZOZOマリン )

<日本・オーストラリア>3番手の岸(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 3番手で登板した岸が好投し、流れを呼び込んだ。6回からマウンドに上がり、2イニングを1安打無失点。

 「緊張した。これ以上(点数を)離されるわけにはいかなかったので」と安堵(あんど)した。楽天では先発の柱だが、前日に中継ぎでの起用を伝えられており「ああいう場面で投げさせてもらって凄く良かった」。終盤の逆転劇につなげる投球に笑みをこぼしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月12日のニュース