侍J・山口、2失点降板も味方の逆転劇に感謝「ホッとしている」

[ 2019年11月12日 05:30 ]

第2回WBSCプレミア12スーパーラウンド第1戦   日本3―2オーストラリア ( 2019年11月11日    ZOZOマリン )

<日本・オーストラリア>3回2死三塁、ケネリーに足元を抜かれて先制の中前適時打を許す山口(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 1次ラウンド初戦に続き、スーパーラウンドの初戦を任された山口は4回を4安打2失点。2回に3者連続の空振り三振を奪ったが、3回2死三塁からケネリーにフォークを中前に運ばれて先制を許す。4回にも2死から連打で1点を失った。

 「手応えは悪くないけど、粘りというところで欠けた部分がある。先取点を取られてきつい展開だったが逆転してくれて、ホッとしている」と味方の逆転劇に感謝した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月12日のニュース