ソフトB平石新コーチが抱負 選手と「腹を割って付き合える関係に」

[ 2019年11月12日 05:30 ]

平石コーチ(右)は三笠杉彦GMと握手する
Photo By スポニチ

 今季限りで楽天の監督を退き、ソフトバンクの1軍打撃兼野手総合コーチに就任した平石洋介氏が秋季キャンプを実施している宮崎市で入団会見に臨み「これまでも選手、チームがいい方向を向くためにと、その一心でやってきた。そのためにも腹を割って付き合える関係にならないといけない」と抱負を述べた。

 楽天で11年に現役引退した後は2軍監督、監督代行などを歴任。今季は生え抜きとして初めて監督を務めた。同じリーグでしのぎを削るライバル球団に移り「正直多少考えるところもあったが、お話を頂いて本当にありがたかった。確かに異例かもしれないが、そういうことがあってもいいのかなと思う」と表情を引き締めた。三笠杉彦GMは「課題である野手の強化で、ホークスの力になってくれる」と野球育成を期待した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月12日のニュース