西武、IL徳島コンビが意気込み 上間「最多勝を」岸「外崎さんが目標」

[ 2019年11月12日 05:30 ]

仮契約を終え笑顔をみせる8位指名・岸(中央)、7位指名・上間(右)と鈴木敬洋担当スカウト
Photo By スポニチ

 西武は同じ四国IL・徳島のドラフト7位・上間と8位・岸が徳島市内のホテルで入団交渉に臨み、いずれも契約金1000万円、年俸500万円で合意した。

 岸は50メートル5秒8の俊足と、内外野を守れるユーティリティー性が持ち味で「外崎さんが目標。練習の仕方やメンタル面のことなど、聞きたいことは山ほどある」と外崎に弟子入りを志願。即戦力の期待には「開幕1軍を目指したい」と力を込めた。最速148キロを誇る右腕・上間は「先発として活躍し、最多勝を目標にして頑張りたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月12日のニュース