“5連続敬遠”河野和洋氏 帝京平成大野球部の監督に就任「神宮を目指したい」

[ 2019年11月12日 12:43 ]

河野和洋氏
Photo By スポニチ

 明徳義塾OBで専大、社会人・ヤマハなどでプレーした河野和洋氏(44)が、千葉県大学野球リーグ2部の帝京平成大野球部の監督に就任したことが分かった。

 河野氏は明徳義塾3年だった92年夏の甲子園で星稜・松井秀喜(元巨人、ヤンキース)を5打席連続敬遠。その後もプロを目指し、海を渡って米独立リーグでのプレー経験もある。

 昨年12月に学生野球指導の資格回復研修会に出席。今年2月に資格回復が認定され、同大のコーチに就任していた。

 河野監督は「今は2部なので、昇格して1部で優勝できるようなチームを作りたい。神宮を目指したい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月12日のニュース