前西武の高木勇 トライアウトで力投「野球はやっぱり楽しい」

[ 2019年11月12日 16:12 ]

NPB12球団合同トライアウト ( 2019年11月12日    大坂シティ信用金庫スタ )

トライアウトで登板する高木勇(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 前西武の高木勇人投手(30)がカウント1―1から始まるシート打撃に登板。森越(阪神)に四球、山田(楽天)からは見逃し三振を奪ったが、山川(ヤクルト)には右前打を浴びた。

 登板を終えた右腕は「すごく野球はやっぱり楽しいと思いました。打者に投げるのは久しぶり。投手である以上、打者に投げるのは楽しいと思って投げました」と笑顔で振り返った。スタンドには母が応援に駆けつけ、「元気な姿を見せられて良かった」とうなずいた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2019年11月12日のニュース