侍J・源田が同点劇演出 絶妙セーフティーバント「死ぬ気で走った」

[ 2019年11月12日 05:30 ]

第2回WBSCプレミア12スーパーラウンド第1戦   日本3―2オーストラリア ( 2019年11月11日    ZOZOマリン )

<日本・オーストラリア>7回2死三塁、源田はセーフティーバントを決める(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 今大会初先発の源田が同点劇をもたらした。7回2死二塁で周東が三盗に成功すると「相手の守備が深い。普通に打つのとどちらが確率が高いか考えた」と自らの判断で投前へセーフティーバント。野選を誘い「死ぬ気で走った」と一塁へヘッドスライディングした。

 坂本勇に代わっての遊撃での先発。球界屈指の守備力でも勝利に貢献し「(バントは)周東もビックリしたと思う。でも彼は凄いっす」と笑った。。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月12日のニュース