侍J・浅村、2死満塁から決勝押し出し四球「しっかり見極めることだけ考えた」

[ 2019年11月12日 05:30 ]

第2回WBSCプレミア12スーパーラウンド第1戦   日本3―2オーストラリア ( 2019年11月11日    ZOZOマリン )

<日本・オーストラリア>8回2死満塁、勝ち越しとなる押し出し四球を選ぶ浅村(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 浅村のバットはぴくりとも動かなかった。代打・山田哲が四球を選び、巡ってきた2―2の8回2死満塁。「(相手は)ストライクを取るのにいっぱいいっぱいだった。しっかり見極めることだけ考えた」。

 3連続ボールで3―0となり、4球目も冷静に見逃して決勝の押し出し四球を選んだ。5日のベネズエラ戦でも、同じ8回に浅村の四球から打者12人の猛攻で逆転。再び選球眼で相手を追い詰め「最高の結果になった」と喜んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月12日のニュース