BC栃木・西岡 トライアウトで4打数無安打 快音響かず「結果が出なかったのは残念」

[ 2019年11月12日 14:25 ]

プロ野球12球団合同トライアウト ( 2019年11月12日    大阪シティ信金スタジアム )

<トライアウト>第1打席見逃しの三振に倒れる西岡(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 ロッテ、阪神などで活躍したBC栃木の西岡剛内野手(35)が昨年に続き2年連続でトライアウトに参加。見逃し三振、二ゴロ、一ゴロ、空振り三振で4打数無安打に終わったが、二塁守備では無難な動きを披露。日米通算1241安打のヒットメーカーはこの日一番の声援を浴びた。

 打撃で快音が響かず「プレーヤーとして結果が出なかったのは残念」と振り返ったが「常にチャレンジをし続けるという、生まれてきてずっとそういう生き方をしてきた。トライアウトを受けるのも今年で最後というルールがありますが、また来年もそこを目指してやっていきたい」とNPB挑戦を諦めず継続する意向を示した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月12日のニュース