侍J・丸 今大会初の1番起用、変則サイドスロー対策 6回には犠打決める

[ 2019年11月12日 05:30 ]

第2回WBSCプレミア12スーパーラウンド第1戦   日本3―2オーストラリア ( 2019年11月11日    ZOZOマリン )

<日本・オーストラリア>6回無死一塁、犠打を決める丸(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 丸が大会4試合目にして初めて1番で起用された。相手先発ルジッチら右の変則サイドスローが3人おり、金子ヘッド兼打撃コーチは「左打者に何とかしてもらおうと。(1、2番の)丸、菊池でチャンスをつくってくれればと思っていた」と理由を説明。

 丸にとって1番でのスタメン出場は広島時代の17年9月30日のDeNA戦以来。この日は3打数ノーヒットも、6回には犠打を決めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月12日のニュース