阪神 大山の一振りで再び勝ち越し!

[ 2019年10月11日 22:21 ]

セ・リーグCSファイナルステージ第3戦   巨人―阪神 ( 2019年10月11日    東京D )

9回無死、大山は右越えにソロを放つ(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 土壇場の9回、阪神に勝ち越し点をもたらしたのは、元4番・大山の一振りだった。

 9回に先頭打者として打席に立つと、2イニング目となった中川の4球目を捉えた。打球は大きな弧を描いて右中間スタンド最前列へ。今季は開幕から4番を張り続けるも、途中で降格を味わった男の意地の一振りで、勝利をグッとたぐり寄せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月11日のニュース