西武 打撃好調の外崎も千賀に“お手上げ”「いいボールが、いいところばかりだった」

[ 2019年10月11日 23:23 ]

パ・リーグCSファイナルステージ第3戦   西武0―7ソフトバンク ( 2019年10月11日    メットライフD )

<パCSファイナル西・ソ(3)>初回2死一、二塁、三振に倒れる外崎(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 第2戦で本塁打を放つなど打撃好調だった西武・外崎も、千賀には「お手上げ」だった。

 初回2死二、三塁では133キロのフォークに空振り三振。4回無死一塁では154キロの直球に押し切られて2打席連続三振となった。

 「コントロールが良かった。いいボールが、いいところばかりだった」

 カットボールの多い攻め方はシーズン中と変わらなかったというが「追い込まれたくないので、早めに(仕掛ける)という気持ちはあったけど、それでも手が出ないところに来ていた」

 打線全体でも8回まで2安打。豪腕に力でねじ伏せられた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月11日のニュース