12日予定のセ、パCS第4戦 台風の影響で13日に順延

[ 2019年10月11日 05:30 ]

 セ、パ両リーグは10日、台風19号の接近に伴い、交通機関の計画運休などが予想されるため、12日に予定されていたCSファイナルステージ第4戦を13日に順延すると発表した。パは交通機関の復旧に時間がかかることを考慮し、13日の試合開始時間を午後1時から午後2時に繰り下げる。第6戦が行われる場合はセ、パともに15日午後6時開始となる。

 ドーム球場でCSが中止になるのは14年のパのファーストS、オリックス―日本ハム第3戦(京セラドーム)以来。11日に阪神が勝利して第4戦にもつれ込んだ場合、セのCSでは初のドーム球場での中止となる。

 パは12日の第4戦のチケットは払い戻しとなり、15日の第6戦のチケットを13日から改めて発売する。一方、セは12日の第4戦のチケットは順延となる13日の試合で有効となり、第5戦以降の試合も1日ずつ繰り下げて有効とする。巨人と読売新聞社は「開催日と試合開始時間をご確認の上、ご来場ください」としている。

 ▼ドーム球場でのポストシーズンの試合中止 過去に2度ある。04年10月20日の西武ドームでの西武―中日(日本シリーズ第4戦)、14年10月13日の京セラドームでのオリックス―日本ハム(CSファーストS第3戦)が台風接近のため観客の安全を考慮し中止となった。いずれも試合当日の決定で前日までに発表されたのは今回が初めて。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月11日のニュース