メルセデス、G助っ人初のポストシーズン7回以上無失点

[ 2019年10月11日 05:30 ]

セCSファイナルステージ第2戦   巨人6―0阪神 ( 2019年10月10日    東京D )

<巨・神>先発し、7回無失点のメルセデス(撮影・坂田 高浩) 
Photo By スポニチ

 メルセデス(巨)が7回無失点でCS初勝利をマークした。巨人外国人投手のCS先発勝利は15年ファーストS第3戦のポレダ以来4年ぶり4人目。無失点は12年ファイナルS第6戦のホールトン(5回)に次いで2人目になる。

 日本シリーズでも外国人の先発勝利は76年ライト、00年メイ、09年ゴンザレス、オビスポといたが、いずれも失点しており、ポストシーズンで7回以上無失点はメルセデスが球団史上初めてだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月11日のニュース