栗山監督 ガッツに期待「小笠原道大をつくってくれ」

[ 2019年10月11日 10:13 ]

就任会見後、栗山監督と握手で写真に収まる小笠原ヘッド兼打撃コーチ(右)(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 小笠原ヘッド兼打撃コーチの就任会見に同席した栗山監督は「ガッツが北海道に帰ってきて、最初に“お帰りなさい”と声を掛けた。戻ってくれて感謝しかない」と歓迎した。

 「(来季は)何が何でも勝たないといけない状況で何が足りないのか。一番必要なものを戻してもらいたい」。打線の再建だけでなく、発展途上の選手らに泥くささなどを伝授することにも期待を寄せ「“小笠原道大をつくってくれ”と伝えた。タフで心も体も強くて結果も残せる選手を」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月11日のニュース