阪神 巨人に痛恨連敗…突破率0%も矢野監督「もう4連勝しかない」歴史を変える

[ 2019年10月11日 05:30 ]

セCSファイナルステージ第2戦   阪神0―6巨人 ( 2019年10月10日    東京D )

<巨・神>9回、ベンチで険しい表情をみせる矢野監督(撮影・坂田 高浩) 
Photo By スポニチ

 プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(S=6試合制)は10日、セ、パ両リーグともに第2戦が行われた。シーズン3位からCSファーストSを突破した阪神は、リーグ優勝した巨人に連敗。アドバンテージを合わせて3勝の先行を許し、崖っ縁に追い込まれた。中2日で先発した高橋遥が2回1失点で降板。短期決戦仕様の超積極継投に切り替えて5投手を投入した継投も実らなかった。

 無情にもスコアボードには「0」が並んだ。6点差をつけられた屈辱の敗戦。勢いは完全に止められた。崖っ縁に追い込まれた。もう、引き分けすらも許されない。それでも矢野監督は毅然とした表情で、厳しい現実を受け止めた。

 「勝負に行っているんだから、打たれることもある。攻める姿勢は見せてくれている。それは勝負の結果は受け止めるしかない」

 勝利を信じて超積極継投で挑んだ。高橋遥を中2日で先発に抜てき。初回に先制点を献上したが、2回は零封した。立ち直りを感じさせた2年目左腕。だが、3回無死で打順が回ると迷わず代打上本を告げた。序盤とはいえ、リードを許した以上は攻守とも攻めの采配に転じねばならない。DeNAとのファーストSを勝ち上がったスタイルそのままに、早々と先発を降ろして最強を誇る救援陣を次々に投入した。

 ただ、この試合に限っては、王者に上回られた。ガルシア、島本、守屋がそろって失点。5投手を送り込みながらも最後まで劣勢ムードを変えることができず、痛すぎる2連敗を喫した。

 「この土俵際ギリギリのところから、もううちは4連勝しかないんでね。プロで楽しむというのは、なかなか簡単なことじゃないんだけど、そう言ってずっとチームとしてやってきた。明日も全員で、またみんなでやっていくかという結果になった。それを目指してやっていくしかない」

 指揮官は自らにも言い聞かせるようにチームを鼓舞した。アドバンテージを合わせて3勝を献上。11日の第3戦には引き分けでも、日本一への夢はついえる。過去に下位チームがCSファイナルSで初戦から連敗して、日本シリーズに進出したケースは一度もない。数字上は突破率0%。しかし、清水ヘッドコーチがチームの総意を代弁した。

 「食らいつくしかない。崖っ縁は何回も経験している!」

 シーズン最終盤は怒とうの6連勝で逆転でのCS進出を決めた。驚異的な粘り腰でファーストSも突破した。一丸野球で奇跡を再び――。逆境になればなるほど底力を発揮する矢野阪神が、歴史を変える戦いに挑む。(山本 浩之)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月11日のニュース