阪神・糸井 左足首手術成功 首脳陣「春季キャンプはベストで来てほしい」

[ 2019年10月11日 05:30 ]

阪神・糸井
Photo By スポニチ

 阪神は10日、糸井嘉男外野手(38)が東京都内の病院で「左足首の関節鏡視下クリーニング術およびじん帯補強術」を無事に終え、9日に退院したことを発表した。

 糸井は8月9日の広島戦で盗塁を試みた際に左足首を負傷し、翌10日に出場選手登録を抹消された。今後は来季に照準を合わせてリハビリを開始する予定で、手術の報告を聞いた清水ヘッドコーチも「春季キャンプではベストで来てほしい。早く治してほしいです」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月11日のニュース