連夜の投壊…西武・今井が3回途中6失点KO「真っすぐも変化球も高めに浮いてしまって…」

[ 2019年10月11日 05:30 ]

パ・リーグCSファイナルステージ第2戦   西武6―8ソフトバンク ( 2019年10月10日    メットライフD )

<西・ソ>3回途中、6失点で降板する今井(中央)(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武・今井が今季2番目に短い2回2/3で6失点KOされた。初回は先頭の安打から失点し、2回にも1失点。3回には中村晃の2ランなどで4点を失った。7安打で3四球も失点に絡み「真っすぐも変化球も高めに浮いてしまって、森さんの要求通りに投げられなかった」。

 昨年もCSファイナルS4戦目に先発したが5回途中6安打4失点で黒星。雪辱はならず、投手陣は2試合で16失点となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月11日のニュース