日本ハム・小笠原コーチ就任「経験、勉強してきたことで北海道に恩返しを」

[ 2019年10月11日 05:30 ]

就任会見で、質疑応答に答える小笠原ヘッド兼打撃コーチ(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 前中日2軍監督で日本ハムにヘッド兼打撃コーチとして入閣した小笠原道大氏(45)が10日、札幌市内のホテルで就任会見に臨んだ。32本塁打、100打点の2冠でチームを日本一に導いた06年以来、実に14年ぶりの古巣復帰。来春の「地獄キャンプ」を予告し、同じ左打ちで将来性のある清宮ら若手の育成にも意欲を示した。

《小笠原コーチに聞く》
(冒頭あいさつ)
 「ただいま、でよろしいでしょうか。(日本ハムは)だいぶチーム内も変わっている。また一から…ゼロからのスタート。栗山監督から言われた通り、自分が経験、勉強してきたことで何とか北海道で恩返しをしたい」

 ――14年ぶりに北海道に戻ってきて。
 「浦島太郎のよう。北海道の大自然を眺めながら移動する中で、ふつふつと心の中で炎が大きくなっていくのを実感した。またここで野球ができる、と気持ちが高ぶっている」

 ――ヘッドコーチとして担う役割は。
 「初めてで仕事を把握し切れていない。勉強して、しっかりと監督とコミュニケーションをとり、みんなが同じ方向を向いて気持ちを一つにして一試合一試合戦い抜いていくふうにしていきたい」

 ――打撃コーチとして気になる選手は。
 「全員、気になります。クリーンな状態で全員を見てから個人個人を判断し、いろんなアプローチをしたい」

 ――家族の反応は。
 「またユニホームを着られて、そこが北海道。両手を上げて、という感じで喜んでくれた」

 ――ファンに一言。
 「06年オフ(のFA移籍)からはっきりとした言葉で伝えられずに14年がたつ。皆さんが受け入れてくれるか不安な部分もあるが、そこも全部受け止めて、ファイターズが前へ進んでいけるように力を最大限発揮したい」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月11日のニュース