ソフトB初回に2点先制!11連勝右腕ニールから松田が適時二塁打

[ 2019年10月9日 18:18 ]

パ・リーグCSファイナルステージ第1戦   ソフトバンク―西武 ( 2019年10月9日    メットライフD )

<パCSファイナル 西・ソ1>初回1死一、三塁、右中間2点適時二塁打を放つ松田宣(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクが松田宣の一打で初回に2点を先制した。

 1死から今宮が内野安打で出塁し、柳田の中前打で一、二塁。4番のデスパイネは中飛に倒れたが、2死一、三塁から松田宣が右中間を破る先制の2点適時二塁打を放った。

 3年連続の日本シリーズ進出へ。レギュラーシーズンで破竹の11連勝を挙げた西武先発のニールを初回から攻略した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月9日のニュース