広島・小園“人生初”二塁 佐々岡カープの鍵握る新オプション「自分の幅も広がる」

[ 2019年10月9日 05:30 ]

実戦初の二塁守備でゴロを処理する小園
Photo By スポニチ

 広島・小園海斗内野手(19)は8日、フェニックス・リーグの韓国ハンファ戦で、“人生初”となる二塁でフル出場した。5度の守備機会を無難に処理。小園が複数ポジションを守れれば、田中広との併用が可能となるだけでなく、メジャー挑戦の意向を示している菊池涼の不在にも備えられる貴重な新オプションとなる。

 佐々岡政権の始動を前に、早くも新オプションが蓄えられている。フェニックス・リーグ開幕2日目にして、小園が人生初の守備位置に就いた。「1番・二塁」でフル出場。初回先頭の二塁へのゴロを無難にさばくと、強烈な正面のゴロあり、2度の飛球ありとパターン豊かな計5度の守備機会に恵まれた。準備期間は試合前の守備練習だけながら、失策なしと持ち前の対応力だけで乗り切った。

 「景色が違いました。ノックとか遊びながらでしかやったことがなかった。ショートよりも(一塁が)近いので、まずはしっかり捕ろうと思っていました」

 秋季リーグに帯同している内野手は、6人のみと少数精鋭。水本2軍監督の方針で、全内野手に複数ポジションを課すことが決まった。「けん制にバントシフトに覚えることはたくさんある。二塁のことが分かれば、ショートでも指示が出せる。いろんなことができれば、自分の幅も広がると思います」。今秋は、ウエスタン・リーグで5試合のみだった三塁にも挑戦する予定だ。

 新体制のカギを握る新オプションになるかもしれない。正遊撃手だった田中広は8月下旬に右膝を手術。来春キャンプでの合流を目指しており、完全復活となれば、小園を三塁起用するなど併用も可能になる。また、菊池涼は今オフにもメジャーに挑戦したい意向を示しており、名手不在を想定した備えも必要。玉木2軍内野守備走塁コーチは「(1軍でも)可能性がないことはない」と明言しており、来季に間に合うように本格挑戦する。

 昨秋から外野に挑戦した西川が中堅で定位置をつかむなど、複数ポジション習得が選手層の厚さにつながってきた。高ヘッドコーチは坂倉、磯村の内野挑戦プランも温めているという。

 「試合に出られることが増える。自分の任されたところでアピールしていきたいです」。小園にとっては勉強の一環ともいえる新ポジションは、V奪還の重要な一手となる可能性もある。 (河合 洋介)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月9日のニュース