国学院大 プロ志望の右腕・小玉が初完封 中大の連勝阻止

[ 2019年10月9日 12:29 ]

東都大学秋季リーグ戦第5週2回戦   国学院大3―0中大 ( 2019年10月9日    神宮 )

<東都大学秋季リーグ戦 国学院大・中大>初完封した国学院大の小玉
Photo By スポニチ

 国学院大の右腕・小玉和樹投手(4年、佼成学園)が中大を5安打に封じ、リーグ戦初完投初完封。中大の連勝を5で止め、1勝1敗として3回戦に持ち込んだ。

 勝ち点2同士の首位攻防戦とあって「優勝するためには絶対落とせない試合。完封できてホッとした」。走者を出しながらも粘り強く打たせて取り、強打の中大打線に長打を許さなかった。

 今春まではピンチで力任せに直球を投じて痛打されることもあったが「真っ直ぐにこだわりすぎる意識を変えた。勝負どころで頼れる変化球を作ろうと練習してきた」とツーシーム、カットボール、スライダーの精度を上げた。この日もピンチをカットボールでしのぐなど練習の成果を発揮。「自信になった」と笑顔を見せた。

 プロ志望届を提出しており、ドラフトまであと1週間ほどにせまった。「チームが勝つために投げる。それが自分の進路にもつながれば」と腕をぶした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月9日のニュース