CSファイナル初戦に挑む矢野阪神 好調の木浪が1番に

[ 2019年10月9日 17:15 ]

CSファイナルS   阪神―巨人 ( 2019年10月9日    東京D )

阪神の木浪
Photo By スポニチ

 阪神は2位DeNAとのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージを2勝1敗で勝ち上がり、今日からセ・リーグ覇者の巨人とのファイナルステージに臨む。初戦のスタメンは以下の通り。

 (遊)木浪
 (中)近本
 (左)福留
 (一)マルテ
 (二)糸原
 (右)高山
 (三)大山
 (捕)梅野
 (投)望月


 CSファーストステージ3試合で7打数5安打(・714)と当たっている木浪が1番に入り、近本が2番に入った。2試合連続で死球を受け、状態が心配された福留もスタメン入り。大山は2試合ぶりの先発となった。大事な初戦のマウンドを任されたのは、4年目右腕・望月。指揮官の期待に応えられるか。試合開始は18時予定。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月9日のニュース