日本ハム 球団OB・小笠原道大氏がヘッドコーチ兼打撃コーチに就任

[ 2019年10月9日 14:00 ]

小笠原道大氏
Photo By スポニチ

 日本ハムは9日、球団OBで今季は中日の2軍監督を務めていた小笠原道大氏(45)がヘッドコーチ兼打撃コーチに就任することを発表した。あす10日午後、札幌市内で会見を開く。

 小笠原氏は、1996年に日本ハムに入団し、打力を生かすため捕手から内野手に転向。2002、03年に首位打者、06年には本塁打王と打点王でパ・リーグのMVPに選ばれ、巨人に移籍した07年にはセ・リーグのMVPに選出されるなど数々のタイトルを獲得してきた。

 11年には通算2000安打を達成。13年オフに中日に移籍してからは代打の切り札として活躍し、15年限りで現役を引退。16年から今季まで4年間、中日の2軍監督を務めていた。

 ◆小笠原 道大(おがさわら・みちひろ)1973年(昭48)10月25日、千葉県生まれの45歳。暁星国際からNTT関東を経て、96年ドラフト3位で日本ハムに入団。02、03年に首位打者、06年は打点、本塁打の2冠。同年オフにFAで巨人移籍。07年に史上2人目の両リーグMVPに輝いた。11年5月に通算2000安打達成。13年オフに再びFAで中日に移籍した。通算成績は打率3割1分1厘、378本塁打、1169打点。1メートル78、84キロ。右投げ左打ち。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月9日のニュース