巨人・坂本、自身3度目の東京ドームMVP賞「偉大な選手たち超えられるよう頑張る」

[ 2019年10月9日 05:30 ]

東京ドームMVP賞に選ばれボードを掲げる坂本勇(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 巨人・坂本勇が2019年度の「東京ドームMVP賞」に輝いた。16年以来3度目の受賞で松井秀喜、阿部、菅野に並び球団最多。「僕はまだまだ現役でやるつもりなので、そういう偉大な選手たちを超えられるように来年も頑張ります」。

 東京ドームでは今季64試合で打率.340、22本塁打、49打点をマークした。「野球人生の中でも一番思い出に残る試合」と振り返ったのが「ありがとう慎之助」と銘打たれた9月27日のDeNA戦。自身は球団生え抜き右打者では初の40号を放ち、今季限りで現役を退く阿部の通算406号も見届けた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月9日のニュース