レイズ モートンが古巣アストロズに5回1失点粘投 チーム地区S初勝利

[ 2019年10月9日 02:30 ]

ア・リーグ地区シリーズ第3戦   レイズ10-3アストロズ ( 2019年10月7日    セントピーターズパーク )

レイズ・モートン(AP)
Photo By AP

 レイズは本拠地で息を吹き返し、地区シリーズ初勝利を挙げた。35歳の先発右腕モートンが5回1失点と粘り、昨季まで所属した古巣相手に一矢を報い「2回までたくさん投げさせられたが、そこから少しずつ良くなった」と振り返った。

 負ければシリーズ敗退が決まる一戦が続く。0―1の2回に逆転3ランを放ったキーアマイヤーは「失うものは何もない」と語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月9日のニュース