巨人 “伝統の一戦”となったCS開幕戦で投打に阪神圧倒 2回までに5点、山口は3回完全6奪三振

[ 2019年10月9日 19:07 ]

セCSファイナルステージ第1戦   巨人―阪神 ( 2019年10月9日    東京D )

<CSファイナル 巨・神>1回2死、左越えソロの岡本(右)を迎える山口(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 巨人が初回の2点に続いて2回には3点加えて一気にリードを5点に広げた。

 初回に3番・丸、4番・岡本の2者連続アーチで幸先良く2点先制に成功した巨人。その勢いは2回も止まらなかった。

 田中俊の中前打と小林の四球などで2死一、二塁としてから1番・亀井が三塁線を抜く適時二塁打を放ってまず1点。さらに2番・坂本勇が初球を叩いた打球は中前に落ちる2点適時打となり、この回一挙3点が入った。

 投げては先発右腕・山口が初回、2回、3回といずれも2三振ずつを奪い、3回まで打者9人から6奪三振のパーフェクト投球。投打がっちり噛み合い、試合を優位に進めている。

 ▼亀井 打ったのはフォーク。いい追加点になったし、点は何点あってもいいから。次の1点を全力でとりにいきたい。

 ▼坂本勇 打ったのはスライダー。亀井さんがしっかりつないでくれたので、打てて良かったです。

 ▼宮本投手コーチ (山口は)久々のマウンドだけど、落ち着いているよね。ストレートのはしりもいいし、なんかマウンドに飢えてたみたいだね。シュンの間合いで投げてほしい。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月9日のニュース