ソフトB武田、気迫の6回無失点で5勝目「ここまで来たら調子うんぬんじゃない」

[ 2019年9月2日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク4-1西武 ( 2019年9月1日    メットライフD )

力投する先発の武田(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・武田が正念場で強力打線を封じた。6回を4安打無失点で5勝目。「さすがにプレッシャーでした。(周囲から)“頼むよ”と言われていたし」という重圧を力に変えた。カット気味の直球を軸に、縦のカーブ、フォーク、スライダーを駆使。「目の前の打者を全力で抑えにいくことだけを考えた。テーマは緩急。(球種は)満遍なく良かった」。

 今季は開幕ローテーション入りしたが、調子が上がらず5月に中継ぎに配置転換された。8月に先発復帰後、3試合で2勝0敗。「ここまで来たら調子うんぬんじゃない。気持ちで勝てるかどうか」と胸を張った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月2日のニュース