大谷 今季最悪12打席連続ノーヒット 8回代打で空振り三振

[ 2019年9月2日 02:30 ]

ア・リーグ   エンゼルス10―4レッドソックス ( 2019年8月31日    アナハイム )

<エンゼルス・レッドソックス>8回、好機に代打で空振り三振に倒れた大谷
Photo By 共同

 エンゼルスの大谷が31日(日本時間1日)のレッドソックス戦で同点の8回無死一、二塁に代打で出場し、日米通じて初対戦の元広島ブレイシアの96マイル(約154キロ)直球に空振り三振を喫した。今季ワーストの12打席連続無安打。

 休養で7試合ぶりのベンチスタートとなったが、前夜同様、直球に差し込まれる場面が目立った。30日までの打撃練習では右足を上げる日本時代の打撃フォームで打つなど試行錯誤している様子。ブラッド・オースマス監督は「引きつけてポイントを体の中に入れて打つことは決して悪いことではない」と話した。(柳原 直之)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月2日のニュース