永田監督 執念のリプレー検証 判定覆し大量得点「絶対の自信があった」

[ 2019年9月2日 05:30 ]

第29回WBSC U18W杯 1次ラウンドB組   日本16―7米国 ( 2019年9月1日    韓国・機張 ドリームボールパーク )

<日本・米国>4回2死、韮沢(右)は一度アウト判定されるも、リプレー検証の結果、一塁手の足がベースから離れたと判定されセーフに(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 6―1の4回2死、韮沢が投手強襲の遊ゴロを放ち、一塁に駆け込んだが、判定はアウト。永田監督は一塁手の足がベースから離れているとしてリプレー検証を求め、結果的に判定は覆った。「絶対の自信があったから行きました。生徒も合図を出してきた」。

 ここから2安打4四球で5得点。「チャレンジ」は失敗した時点で権利を失うだけに“勝負手”が大量得点につながった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月2日のニュース