ダル 右前腕部の張りで先発回避 順調回復なら8日登板見込み

[ 2019年9月2日 08:34 ]

ダルビッシュ(AP)
Photo By AP

 米大リーグ、カブスのダルビッシュ有投手(33)が1日、本拠地シカゴで行われたブルワーズ戦の先発を、右前腕部の張りのため回避した。精密検査は受けておらず、順調に回復すれば7日(日本時間8日)の敵地でのブルワーズ戦に登板する見込み。

 張りは5試合ほど感じていたという。マドン監督は「(回避するかどうかは)ここ数日間、話し合っていたこと。負傷者リストには入らないし、週末の試合に投げられればいい」と語った。

 ダルビッシュは今季、27試合に登板し5勝6敗、防御率4・25。昨年は右腕の故障に苦しみ、9月には右肘手術を受けている。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月2日のニュース