楽天・石橋7回1安打零封で7勝目 4年目苦労人 逆転V&10勝へ「どんどん勝ちたい」

[ 2019年9月2日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天2―1日本ハム ( 2019年9月1日    楽天生命パーク )

7回零封で7勝目を挙げた石橋(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 終わってみれば、最初の一本だけ。楽天・石橋が背番号と同じ「94」球で7回を1安打無失点に抑え、7勝目を挙げた。

 「(ボール先行が多くて)リズムの悪い投球になったが、腕を振って粘れた」

 初回、初球を西川に左前打されたが、1死一塁から近藤を137キロのフォークで一ゴロ併殺に斬った。「いい打者なので低めを意識した」と立ち上がりをしのぐと、2回以降は圧巻。7回先頭の西川に四球を与えるまで、5イニング連続の3者凡退。緩いカーブを3球続けるなど大胆に織り交ぜ、「調子が良かった」というフォークを決め球に快投した。

 プロ4年目の苦労人。最初の2年間で登板は6試合だけで、5回1/3で防御率13・50。右肘痛で育成選手となったが、昨季途中から支配下登録に復帰。同じ境遇からはい上がったフェルナンドが8月30日に2安打4打点と活躍。お立ち台で涙した姿を見て「励みになる」とこの日のマウンドに臨んだ。

 日本ハムに3連勝で、首位と4・5ゲーム差の3位をキープ。あす3日からはソフトバンク、西武の上位2チームとの直接対決6連戦が始まる。平石監督は「しっかり準備して勝ちにいきたい」と気を引き締める。ローテーション通りなら石橋の登板は残り3試合。新人王資格を持つ右腕は「どんどん勝ちたい」と、2桁10勝と優勝を目指して白星を重ねる。(君島 圭介)

 ◆石橋 良太(いしばし・りょうた)1991年(平3)6月6日生まれ、大阪府出身の28歳。明徳義塾―拓大―Hondaを経て、15年ドラフト5位で楽天から指名を受ける。16年3月26日のソフトバンク戦でプロ初登板。同年は6試合に登板し0勝0敗、防御率13・50。18年に育成登録されたが、7月に再度、支配下登録された。1メートル75、77キロ。右投げ左打ち。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月2日のニュース