日本ハム6連敗で自力CS消滅 賢介が意地の一打も

[ 2019年9月2日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム1―2楽天 ( 2019年9月2日    楽天生命パーク )

8回2死三塁、右前適時打を放つ田中賢(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 日本ハムは連日の1点差負けで6連敗。借金7で自力でのCS進出の可能性が消滅した。

 投手陣が序盤の2失点で踏ん張りながら、8回の代打・田中賢の適時打による1点だけ。どん底の8月から月が替わっても投打はかみ合わず、栗山監督は「点になる形をつくってあげられていない」と振り返った。それでも、CSについては「ここから全部勝てば何か変わるだろ」と前を向いていた。

 ▼日本ハム・田中賢(8回2死三塁、右前適時打を放ち日米通算1500安打)とにかく1点と思った。(日本通算1500安打まで)あと8本なので打ちたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月2日のニュース