奥川、甲子園決勝以来のブルペン スーパーラウンド復帰へ準備着々

[ 2019年9月2日 05:30 ]

第29回WBSC U18W杯 1次ラウンドB組   日本16―7米国 ( 2019年9月1日    韓国・機張 ドリームボールパーク )

<日本・米国>試合中ブルペンで投球練習する奥川(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 蓄積疲労のため、調整ペースを落としている奥川が試合中にブルペン投球を行った。立った状態の山瀬を相手に約30分間、変化球を交えながら、じっくりと投げ込み「6割くらい(の力)。少しずつ良くなってきている」と手応えを口にした。

 ブルペン投球は8月22日の甲子園大会決勝戦以来10日ぶり。「指先の感覚とバランス」を入念にチェックした。3日までの1次ラウンドは登板しない可能性が高いが、スーパーラウンドでの復帰に向け「次は(捕手に)座ってもらう段階に持っていきたい」。歴史的な米国戦勝利をベンチで見届け「今日のような試合を目の前で見ていると、徐々に投げたい気持ちが強くなっている」と意気込みを語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月2日のニュース