U18侍、下位打線が機能 8番・横山が流れ引き戻すソロ

[ 2019年9月2日 05:30 ]

第29回WBSC U18W杯 1次ラウンドB組   日本16―7米国 ( 2019年9月1日    韓国・機張 ドリームボールパーク )

<日本・米国>7回、ソロ本塁打を放ち、ガッツポーズする横山(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 下位打線が機能した。11―1から6点を返されて迎えた7回無死、8番の横山が3番手ヘクターの138キロ直球を左翼席へ運んだ。5、6回と2イニング連続で3者凡退だっただけに、流れを引き戻すソロ本塁打となった。

 今大会初安打となる高校通算20号アーチに「悪い流れを変えたい。先頭の自分が絶対に出塁する気持ちだった」と笑顔。9番の坂下主将も2安打4打点と勝利の原動力となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月2日のニュース