巨人、今季6度目零敗でマジック消滅 苦手左腕に沈黙…原監督「対策しなければ」

[ 2019年9月2日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人0―2阪神 ( 2019年9月1日    甲子園 )

4回1死一塁、投手交代を告げる原監督(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 巨人は左腕・岩貞を打ち崩せず、零敗を喫して2連敗となった。得点圏に走者を進めたのは投手交代後の7回だけで、原監督は「スコアリングポジションに行ったのは一回だけ。やっぱり勝つことは難しい」と評した。広島に勝利した2位・DeNAに自力優勝の可能性が復活したため、優勝マジックが消滅した。

 今季6度目の零敗。そのうち5度は相手先発が左腕だ。ここ1カ月で4度目で、中日・大野雄、DeNA・今永、広島・ジョンソン、そしてこの日の岩貞――。「その辺は対策という形で、しなければいけませんね」と原監督。好左腕のいるDeNAとは6試合直接対決を残していて、吉村打撃総合コーチは「そういう傾向になっては駄目。きっちり攻略しないと」と、敗戦を糧に対策を練る。 (神田 佑)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月2日のニュース