広島・薮田、今季初先発で粘投 6四球も6回3失点「手応えもよかった」

[ 2019年9月2日 05:30 ]

セ・リーグ   広島2―3DeNA ( 2019年9月1日    マツダ )

広島先発の薮田 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 今季初先発の広島・薮田が6回で6四球を与えながら4安打3失点の粘投。黒星が付いたものの直球は最速150キロを計測し「球速は出ていたし、カットボールの手応えもよかった」と一定の感触を得た。

 惜しまれるのは2点優勢の6回だ。1死一塁でソトに同点2ランを被弾。「あの1球が…」と甘く入ったツーシームを悔やんだ。それでも緒方監督は「力のある球を投げていた」と好評価。今後は先発、中継ぎ両にらみで1軍帯同を続ける。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月2日のニュース