バレンティン、2年連続打点王視界 最近5試合で6打点「今年も狙う」

[ 2019年9月2日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト3―1中日 ( 2019年9月1日    ナゴヤD )

初回1死二、三塁、バレンティンは先制中前2点適時打を放つ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・バレンティンが2年連続打点王を視界に捉えた。初回1死二、三塁から大野雄の内角低めの150キロ直球を中前に運んだ。決勝の2点適時打。「難しい球だったけど、うまく(肘を)畳んでいいスイングで打つことができた」と振り返った。

 最近5試合で6打点と量産している。これで打点を81とし、88打点でリーグトップのDeNA・ソトを追い掛ける。「今年も打点王を狙っています」。チームを2連勝に導き舌も滑らかだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月2日のニュース