阪神先発・高橋遥 巨人相手に7回2失点も援護なく…登板5試合連続勝ち星なし

[ 2019年8月16日 21:03 ]

セ・リーグ   阪神―巨人 ( 2019年8月16日    東京D )

<巨・神>4回1死一塁、岡本(左)に逆転2点本塁打を浴びる高橋遥(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

阪神先発の2年目左腕・高橋遥が、宿敵・巨人相手に好投した。

 初回を3者凡退で立ち上がると、2、3回は先頭打者に安打を許しながらも無失点。1―0で迎えた4回1死一塁から4番岡本に逆転2ランを浴びたが、これが最初で最後の失点だった。5、6、7回は安打すら許さない見事な投球を見せた。

 2日の広島戦では5回途中7失点。前回登板だった9日の同戦では7回5失点と直近2試合は試合を作れなかった。今宵は一転、スキの少ない、堂々たる投球だった。

 1点ビハインドの8回に岩崎にマウンドを譲って降板した。7回4安打2失点でも味方の援護が乏しく勝利投手の権利を得ることが出来なかった。これで、7月7日の広島戦を最後に登板5試合連続で勝ち星を逃したことになった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月16日のニュース