中日・堂上 まさに「岩鬼打法」!試合前の逆立ち効果で?自己最多11号2ラン

[ 2019年8月16日 22:22 ]

セ・リーグ   中日4―2ヤクルト ( 2019年8月16日    神宮 )

練習中にベンチ横で逆立ちをした堂上
Photo By スポニチ

 まさに「岩鬼打法」だ。中日・堂上が自己最多を更新する11号2ラン。2点リードの初回2死一塁から小川のフォークを左翼席へ運び「追い込まれていたので、食らいつく気持ちでした。風で切れないよう願いながら走った」と笑みを見せた。

 堂上はこの日の試合前練習中、三塁側ベンチ横で突然、「暑すぎてフラフラする」と逆立ちを行った。

 漫画「ドカベン」の岩鬼正美は悪球を打つため、打席に入る前に逆立ちをし、頭をフラフラにして視界をぼやけさせてストライクボールを悪球に見せる作戦を行ったことで知られている。

 堂上の逆立ちは岩鬼とは逆の理由だったものの本家ばりの長打力を見せ、勝利に貢献した。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月16日のニュース