オリックス・アルバース 腰椎椎間板ヘルニアから復帰し4カ月ぶりの今季2勝目「みんなに助けられました」

[ 2019年8月16日 20:50 ]

パ・リーグ   オリックス2―1ロッテ ( 2019年8月16日    京セラD )

<オ・ロ>ヒーローインタビューで水鉄砲の手荒い祝福を受ける(左から)アルバース、安達(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 オリックス先発のアルバースが7回88球を投げて、3安打無失点の好投で4月16日の日本ハム戦以来となる今季2勝目をマークした。

 腰椎椎間板ヘルニアで5月に登録抹消。この日1軍登録され結果を出したアルバースは「どんな形でもチームの勝利に貢献することを考えてそれが上手く出来ました」と自身の投球を振り返り、「若月も最高のリードでしたし、バックがしっかり守ってくれて、大事なところでみんなに助けられました」とチームメートに感謝した。

 4月以来今季2勝目となり「いつも声援が力になっている皆さんの前で投げられて幸せです」と語り、「これから残りのシーズンは、怪我をせずにこのまま勝ち続けていきたいです」と今後に向けて意気込んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月16日のニュース