星稜・奥川、過去6戦全敗の和歌山県勢に「どんな形でも勝つ」

[ 2019年8月16日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権大会 第11日3回戦   星稜―智弁和歌山 ( 2019年8月17日    甲子園 )

智弁和歌山戦の勝利を誓った星稜・奥川
Photo By スポニチ

 17日の智弁和歌山戦に向け、星稜(石川)のエース奥川は「これまで石川代表はなかなか強豪に勝てなかった。どんな形でも勝ちたい」と意気込んだ。

 甲子園では智弁和歌山と初対戦だが、石川代表は和歌山代表との対戦で、延長18回を戦った79年3回戦の星稜―箕島戦など6戦全敗。「全国屈指の強豪校を倒せば石川の野球のレベルも上がる」。奥川をはじめベンチ入りメンバーの大半が石川出身。総力を結集して優勝候補の一角との対戦に臨む。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月16日のニュース