“二刀流”東海大相模・遠藤、遊撃で先発か「足を絡めたい」

[ 2019年8月16日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権大会 第10日3回戦   東海大相模―中京学院大中京 ( 2019年8月16日    甲子園 )

シート打撃で快音を響かせる東海大相模・遠藤(撮影・成瀬 徹) 
Photo By スポニチ

 東海大相模(神奈川)は京都府内の施設で練習を行い、雨が降り出す前だったため屋外でケース打撃も実施。

 中京学院大中京との3回戦へ向け、門馬敬治監督は「特に変わりなく練習できた。(相手は)バッテリーが安定している。攻撃に期待したい」と話した。2回戦の近江戦(滋賀)に先発し、8回途中まで1失点、打っても2安打したプロ注目の遠藤は遊撃でのスタメン出場が濃厚で「試合後は(近くの)温泉(施設)にも行って疲れは取れた。足を絡めた攻撃を意識したい」と意欲的だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月16日のニュース